ピアノマン・ダリル

カテゴリー: 歌手(ボーカリスト・シンガー・声楽家) , キーボード・ピアノ , アカペラ
ジャンル: ポップス , サンバ , バラード , ロック , チルアウト , アンビエント , ブルース , フォーク , カントリー , ゴスペル , ファンク , ソウル/R&B , レゲエ , インストゥルメンタル , ジャズ , アカペラ , オルタナティブ , ボサノバ

紹介文
アメリカ出身のピアノ弾き語りミュージシャン。20才からプロとして活動し、ホテル、ブライダル、コンサートホール、豪華客船、野外ライブなど第一線で活躍中のエンターテイナーである。日本とアメリカで交互に育った環境により、日本語も堪能にこなし両文化に精通している。

歌&ピアノスタイルは、ソフトジャズからエネルギッシュなポップスまで。聞き慣れた曲でさえ新鮮に感じさせるアレンジは最大の魅力。演奏する場所、人、目的に合わせて自由自在なパフォーマンス。また、音楽の幅広い知識とトークはさらに観客をライブに引き込む。

ラジオ局LOVEFMのラジオDJとしても定評があり、ファンも多い。海外アーティストや日本を代表するアーティスト(桑田佳祐など)のインタビューも務めた。ナレーションやCMソングは多数放送され、各所で聞く事ができるほど身近なものになっている。ドームでのビジョンナレーションも有名。

2016年に熊本大分の復興支援プロジェクト「FROM LOVE」の発起人としてオリジナル曲を作成。福岡をベースに活躍しているラジオDJ、タレント、ナレーター、ミュージシャンなど技術者も含め約100名の方々の協力によって作られたCDの販売収益で被災者の方々を応援してきた。

ディスコグラフィーには7枚のアルバムがある。日本の曲も歌ってほしいとの要望から、邦楽の英語カバーアルバム「MADE IN JAPANシリーズ」を制作。英訳を作成する際には、日本の文化や日本語歌詞の意味を感じながら、原曲の雰囲気をうまく残すように心がけた。
略歴
1991年~ 日本でのプロ音楽活動始める(ソロ、バンド、ユニット)
1994年~ CMソングやナレーション活躍
1996年 ESP/MI JAPANに入社
1997年  バンド「Moonshadow Mania」活動を開始
1998年  ESP/MI JAPANの学校長に
1999年  グランドハイアット福岡 Bar Fizzの音楽プロデュース、演奏
2001年  1stソロアルバム「BitterSweet」
2003年  GODIEGOメンバー2名と共演ユニットアルバム「T.P.O.」
2008年  2ndソロアルバム「Made In Japan, Vol.1」
2014年  3rdソロアルバム「Oceanside」
2016年  熊本・大分復興支援ソング「FROM LOVE」発起人
2015年  ボーイスカウトWorld Jamboreeコンサート
2016年  4枚目のソロアルバム「Home for Christmas」
2019年  5枚目のソロアルバム「Made In Japan, Vol.2」
2020年  福岡市文化・エンターテインメント支援事業【福岡好いとーbyピアノマン・ダリル】
2021年  RKB70周年SDGsプロジェクトテーマソング【Be colorful.〜輝く明日へ〜】提供
動画リンク
https://youtu.be/BRijkUIyyVY?t=408
所属事務所
(有)ダリル・プロダクション
ホームページリンク
http://pianomandarrell.com
Facebookアカウント
https://www.facebook.com/pianomandarrell
YouTubeチャンネル
https://youtube.com/c/PianomanDarrell